2008年01月26日

インドの肝臓密売組織摘発

インドの肝臓密売組織摘発。アジアでも臓器売買が問題となっていますが、貧乏な健康な人から強制的に肝臓を摘出して、健康を害したり、適切なケアをせずに感染症になった人もいるのではないでしょうか。
病気の人が健康になりたい、治りたいのは当然ですが、貧しい人から臓器を摘出する、売買されるのは、「裕福な者が貧しい人を金でどうこうする」という、できる現実があるからです。自分が健康やし、病気の人の気持ちは分りませんが。
裕福な国の人間一人のために、臓器売買の犠牲になる人間が多数いるのです。親が子を売ったり、子どもが誘拐されたり、その子どもは最悪殺されたりするのです。。。

国際腎臓密売組織を摘発 貧困層など600人以上被害か
26日付のインド主要各紙によると、同国警察当局は同日までに、首都ニューデリー近郊で約15年にわたり欧米などから顧客を集めて違法に腎臓移植をしていたグループを摘発した。

 国内各地の貧困層の人々をだまして半ば強制的に腎臓を摘出しており、被害者は600人を超えるとみられる。

 警察は医師1人を含む5人を臓器移植法違反で逮捕、主犯の医師ら3人を指名手配した。主犯は西部ムンバイでも同様の腎臓密売をしていた。

 グループは貧しい人に日雇い仕事を持ち掛けて監禁し、内部を改造したハリヤナ州グルガオンの3階建て住居で手術を行っていた。供述では、腎臓を摘出した人には5万−10万ルピー(約14万−28万円)を報酬として与え、移植を受けた顧客には180万−250万ルピーを請求していた。(共同)
2008/1/26
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080126/asi0801261933002-n1.htm
タグ:インド
posted by indonews at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年01月24日

インドに女連れで訪問やめた仏サルコジ大統領

インドにすればやっかいなことがなくなって助かった〜。正式なファーストレディーでもない人を「公式訪問」に同行させること自体が、血税のムダでは?・・・と仏蘭西国民は考えなかったのか?日本なら問題です。

サルコジ大統領、インドには恋人同伴せず
1月23日、ニューデリー:フランスのニコラス・サルコジ大統領の恋人で、元モデルで歌手のカーラ・ブルーニさんは、今回のサルコジ大領領のインド公式訪問には同行しないようだ。ブルーニさんが、フランス紙の取材に答え、明らかになった。大統領とは結婚していないので、外国への公式訪問には同伴しない、というのが理由だそうだ。

どこの国の外交ルールブックにも、少なくともインドのルールブックには、外国の国家元首の「恋人」をどのように扱うべきか、という問題の答えは載っていない。そればかりか、大領領と元スーパーモデルのためには、豪華なスイートルームをひとつ用意すればよいのか、それとも、部屋は別々にするべきなのか?という難問の答えも載っていない。

報道によると、サルコジ大統領とブルーニさんは、常に一緒にいるほどの熱々ぶりらしい。しかし、今回ブルーニさんがインド訪問を取りやめたおかげで、対応にあたるインド政府関係者はほっと胸をなでおろしたはずだ。
2008/1/24Voice of India
タグ:インド
posted by indonews at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの経済

2008年01月21日

インドの鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザのニュースを日本でみても現地でチキンを食ってしまいます。インドで当然牛、豚も食う機会が無かったのでチキンカレーやエッグカレーを食っていました。ベトナムでも鳥ばっか食っていました。
インドの鳥インフルエンザ、養鶏家ら処分反対で拡大懸念
2008年01月20日 02:51 発信地:マルグラム/インド

【1月20日 AFP】高病原性鳥インフルエンザの拡大が懸念されるインド東部で19日、死んだニワトリの検査が行われた。同国東部での鳥インフルエンザウイルスの感染は深刻だが、地元の養鶏家らは大量処分に反対しており、ニワトリの殺処分が難航している。

 世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は、人口が過密する同国東部西ベンガル(West Bengal)州での鳥インフルエンザの影響は、これまでより広範囲に及んでいることもあって、同国史上もっとも深刻な事態だと指摘する。

 同州当局者は、状況は「非常に深刻」とした上で、村民らがニワトリの死骸(しがい)を川や池に投棄し、ウイルスの拡大リスクが増加していると強調した。インド政府によると、同州の3地域で鳥インフルエンザが確認されており、ニワトリ約8万5000羽が死んだという。

 人口11億人のインドでは、鳥インフルエンザが2006年から3度発生しているが、ヒトへの感染は確認されていない。

 養鶏家らの補償には、約3000万ルピー(約8200万円)の予算が充てられた。しかし政府のウイルス拡大阻止への試みは、死んだニワトリへの補償が十分ではないとする地元住民との間で、協力関係が築けず行き詰まりをみせている。(c)AFP/Sailendra Sil



posted by indonews at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年01月08日

ガンジス川の水宅配開始

ガンジス川の水の宅配が行われます。飲むものではない、崇め奉るありがたい聖水である。これで海外に住むヒンズー教のインド人はインドのそとでも聖水を手にすることができる。
ガンジス川のほとりにチャイ屋が並ぶが、ガンガーの水だったのだろうか?何杯も飲んだが、煮沸されとるしか、腹は大丈夫でした。

インド郵政省、「ガンガーの水」宅配サービスを計画
1月7日、ニューデリー:インド郵政省は、ホーリー・ガンガージャル(ガンジス河の水・聖なる水とされている)の入った小瓶の宅配サービスを始める計画を進めている。

この宅配サービスは、ヒンドゥー教徒のNRI(海外在住インド人)をはじめ、ガンジス河に行くことができない人たちにガンガージャルを届けるというものだ。

現在インド郵政省は、各国の郵便当局を始め、運送会社や寺院関係者らと話し合いを進めている。また、ガンジス河の水の確保とそれを運搬するシステムのネットワーク作りで大忙しだという。

この計画が実行されれば、世界中どこにいてもウェブサイトからガンジス河の水が手に入れられるようになる。もちろん支払いもオンラインで可能だ。
2008/1/7Voice Of India
タグ:インド
posted by indonews at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの経済

2008年01月04日

インドの学校で生徒が射殺

銃を持っている私立学校の生徒ということなので裕福層の子供であろうか。インドの学校で発砲事件は初めて聞きました。アメリカの学校銃乱射事件が記憶に新しいですが、インドの学校で射殺事件が起こりました。
インドの学校、10代男子生徒が他生徒を射殺
[ボーパール(インド) 3日 ロイター] インド中部マディヤプラデシュ州の村にある学校で3日、男子生徒が年上の生徒に射殺される事件が発生した。警察が明らかにした。
 それによると、射殺されたのは13歳とみられる少年。15歳とみられる別の男子生徒と試験後にけんかになり、拳銃で撃たれたという。銃を発砲したとみられる生徒は逮捕された。
 同国では12月にも、ニューデリー近郊の私立学校で同級生を射殺したとして2人の男子生徒が逮捕されている。インドではそれまで、学校における発砲事件はほとんど前例がなかった。
2007/1/4
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000044-reu-int
タグ:インド
posted by indonews at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。