2008年04月23日

インドの野良犬が幼児を助ける

インド=狂犬病に気をつけよう、です。野良犬は多く、警戒していました。子犬も要注意。狂犬病予防接種はしていません。しかし、野良犬が幼児を助ける事件がありました。ニュースを読む限り、割合的に男児のが多いような気がします。
インドの野良犬たち、捨てられた女児の命救う
[パトナー 22日 ロイター] インド東部ビハール州の村で、捨てられていた赤ちゃんの命を野良犬が救うという出来事があった。現地当局者らが22日に明らかにした。
 それによると、この女児は母親によって泥の中に置き去りにされたとみられるが、犬3匹がほえているのに気付いた住民らに助け出された。
 現地政府の高官は「犬たちは(赤ちゃんの)周囲の土をどけてからほえ始め、赤ちゃんも泣き始めたことで近隣住民の気を引いた」と述べた。同高官によると、女児は子どものいない夫婦に引き取られ、現在は無事だという。
 警察は、女児が死亡する可能性を承知で置き去りにしたとみられる母親の行方について捜査している。
 インドでは稼ぎ手となる男児誕生を望む傾向が強いため、国連の推計によると、1日当たり2000件前後の女の胎児の中絶が違法に行われている。
2008/4/22
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000492-reu-ent
タグ:インド
posted by indonews at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年04月14日

インド⇔バングラ間列車運行再開

インド⇔バングラ間列車運行再開は朗報です。バンコクから陸路でインドに行くことも考えているので、列車はありがたいのです。列車は立てるしトイレもある、バスはしんどい。今年はインドで年越ししてみたいです。
43年ぶり「友好急行」再開=インド・バングラ間に旅客列車
【ニューデリー14日時事】1965年の第2次インド・パキスタン戦争のあおりで中断していたインドとバングラデシュを結ぶ旅客列車が14日、「友好急行」の名でほぼ43年ぶりに運行を再開した。
 両国はバングラデシュからインドへの不法移民問題などでぎくしゃくしがち。運行再開で交流強化が期待されている。
 14日朝、2本の急行がインド東部のコルカタとバングラデシュの首都ダッカをほぼ同時刻に出発した。538キロの道のりを約13時間で結ぶ。双方から週末に1本ずつ往復運行される。
2008/4/14
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080414-00000061-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド旅情報

2008年04月02日

インド選手聖火リレー辞退

インド選手が辞退しました。国際社会とは?日本政府にも問いたいのですが無駄です。選手にとってはオリンピックは人生がかかっているので選手には関係の無いことです。

チベット鎮圧に抗議、インド選手が聖火リレー辞退
【ニューデリー=永田和男】サッカーのインド代表チームの主将を務めるバイチュング・ブーティア選手(31)が1日、中国によるチベット暴動鎮圧に抗議し、内定していた北京五輪の聖火リレー走者を辞退すると発表した。

 ブーティア選手は、チベット自治区との国境にあるシッキム州出身。英国などでプレー経験もあり、印サッカー界を代表する選手として知られる。1日の声明で「チベットの人々との連帯を示すため」として、印五輪委員会あてに、17日に行われるリレーへの不参加を伝えたと明らかにした。

 一方、北京五輪の聖火は1日、国際ルートの最初の通過都市であるカザフスタンのアルマトイへ向け、専用機で北京を出発した。
2007/4/1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000060-yom-int
タグ:インド
posted by indonews at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。