2008年08月28日

インドのハリポタ?故意か偶然か

インド映画は見てみたいですが、”ハリ・プッター”は見たくねーです。
インド映画「Hari Putter」、ワーナーが差し止め求め訴え
ムンバイ(AP) インドで9月に封切りされる予定の少年が主役の映画「Hari Puttar」について、作品名が世界的な人気映画「Harry Potter」に酷似しているとして、「ハリー・ポッター」シリーズを配給する米ワーナー・ブラザーズが上映の差し止めを求めて訴えを起こした。

問題となっている作品は、両親の旅行のため家で留守番中の少年が、押し入った泥棒と対決するコメディ。作品名は「Hari Puttar: A Comedy of Terrors」と「ハリー・ポッター」シリーズにそっくりだが、内容的にはマコーレー・カルキン主演のヒット作「ホーム・アローン」にそっくりだ。

ワーナー側の訴えについて、問題となっている作品の配給会社は、「『Hari Puttar』と『Harry Potter』には、まったく関係がない。『Hari』はインドではよくある名前で、『putter』には『Punabjiの息子』という意味がある」と反論している。

しかし、ワーナーは作品の上映差し止めを求めている。封切りは9月12日で、次の審理は同2日に予定されている。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200808270026.html
タグ:インド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105566780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。