2008年09月26日

インドの聖なる子供たち

毎日のおやつは青トウガラシ3キロずつ、インドの「奇跡」の姉妹
【西ベンガル州Mondarmoni 9月24日 IANS】インド・西ベンガル州には、1人3キロ分の青トウガラシを「おやつ代わり」に毎日食べる姉妹が存在する―地元住民は2人を「奇跡の子どもたち」と呼んでいるという。
親戚が青唐辛子農家で、青唐辛子が豊富にあるのだという。医師の診察で健康上問題はないが、止めさせろと警告された。
この子供たちの舌は辛さを感じないのだ。

唐辛子を与えることを止めると子どもたちは吐き出し始めたので、再び与えるともとにもどったという。
地元の人には聖なる存在だという。

http://www.web-tab.jp/article/4402
タグ:インド
posted by indonews at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの食い物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。