2007年04月20日

インド大道魔術師が横浜初上陸−4000年の秘術「マンゴーの樹」

今年2007年は、「日本におけるインド年」らしいです。インド年とは?インドの年ってーことやな・・・

ヨコハマでインドの魔術師を招くそうで、横浜の人がうらやましいです。マンゴーの樹が非常に気になります。めっちゃ楽しそうです!

2007-04-20ヨコハマ経済新聞
ヨコハマ大道芸実行委員会(TEL 045-662-0931)は4月21日と22日、2007年が「日本におけるインド年」であることを記念して、「ヨコハマ大道芸2007」に、インド大道魔術のイシャムディーンさんを招へいする。

 イシャムディーンさんは、4,000年の歴史を持つといわれるインド魔術を現代に甦らせることに成功した若手魔術師として、1995年にイギリスのBBC放送で紹介されたことから、イギリス、フランス、ドイツなどのフェスティバルに招待されて人気を博した。

 空の鉢にマンゴーのタネをまき、みごとに実のなった樹を出現させる「マンゴーの樹」や、米粒をあっという間にアラレに変えてしまう「ライスマジック」などを、仕掛けをすることが不可能なストリートで演じる。会場は、両日とも関内ホール前の関内馬車道会場で、開催時間は12時30分、14時10分、15時50分。 「ヨコハマ大道芸」は、伊勢佐木町、関内・馬車道地区で、58組の大道芸人らが出演する。

 両日ともに、横浜の野毛地区では「第33回野毛大道芸」、みなとみらい地区では「みなとみらい21大道芸2007」、吉田町通りと福富西公園は「第8回 ヨコハマ吉田町通り アート&ジャズフェスティバル」が開催される。
タグ:インド
posted by indonews at 19:52 | インドと日本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。