2007年08月08日

インドがアメリカの「高危険地域」らしいぞ〜

利己主義国家アメリカの敵国には親日国のインド、トルコ、台湾、タイなどがある。個人レベルでは中東、エジプト、パキスタンも親日である。アメリカには戦争が必要なのだ。利益のためには何でもやるシナ!!同じレベルかもしれんな。。。
「狂信的な宗教集団、犯罪集団」と北朝鮮やキューバ、イランを指摘しているが、アメリカにもぎょうさん、おるやろ!犯罪集団は今でもイラクで虐殺暴行しとるやろうが!!←のように、利己主義国家なのである。

日本人有志 VS ホンダ・ラントス

アメリカの慰安婦”捏造因縁タカリ”への日本国家・国民の名誉毀損・訴訟準備が着々と進んでいる。→隼速報
当然協力、隼速報ブログを世の中に広めること、カンパが自分のできる精一杯のことである。

8月8日11時2分配信 YONHAP NEWS
米国務省はまた、北朝鮮やキューバ、イランなどの「ならずもの国家」やテロ団体、狂信的な宗教集団、犯罪集団など米国の敵
が、米国の国力を抑制し米本土を直接攻撃するために、相対的に安価で配置がしやすく、多大な影響力を持つ手段である化学兵器・生物兵器・放射性物質・核兵器を確保しようとしてると診断した。

高危険地域には、バーレーン、バルカン諸国、エジプト、ギリシャ、インド、イスラエル、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、パキスタン、カタール、台湾、ソマリア、シンガポール、スーダン、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦など20カ国・地域を挙げている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000007-yonh-kr
タグ:インド
posted by indonews at 12:40 | インドの経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。