2007年12月09日

インドで親の世話をする法律

インドは知る限りでは、日本よりかなり血縁者の結びつきが強い印象があるのですが。。。親、家族は当然、親戚の面倒までみたりとか。
インドで親の世話を義務化、罰則もあり
 PTI通信によると、インド下院は8日までに、子には高齢の親を世話する義務があり、怠れば刑事罰を科すなどとする法案を可決した。

 同法で義務を負うのは、高齢者の財産を相続する立場の子らで、高齢者が不当な扱いを受けていると申告すれば、行政・福祉当局者が裁判を行うことができる。

 クマル社会正義・認可相は「(家族同士の)和解に重点を置くことになる」と話し、高齢者の生命と財産を守るための仕組みだと強調した。

 非政府組織(NGO)代表のスバシュ・チャンドラさんは「本来、子どもが親の世話をすることなど、法律で規定するものではないはずだ。インドは経済発展の一方で、欧米のような契約社会に近づいているのではないか」と話した。
2007/12/8日刊スポーツ
タグ:インド
posted by indonews at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71819786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。