2007年12月17日

インドの8本手足女児手術成功

インドの8本手足の子供のニュースを以前掲載しました、そのこの手術が成功してよかったです。

8本の手足持つ女児が切除手術
インド南部のバンガロールの病院でこのほど、生まれつき8本の手足を持つ2歳の女児ラクシュミ・タトマちゃんが手足の切除手術を受け、無事成功した。写真は父親に抱きかかえられるラクシュミちゃん(15日)(AFP=時事)
2007/12/16
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000008-jijp-int.view-000
タグ:インド
posted by indonews at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73275505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。