2007年12月28日

インドでヒンズー教徒が暴徒化

インドのヒンズー教徒が暴徒化。いつ起こるかわからない事件です、旅行者に予測はできないことです。少しでも怪しいと感じたら気をつける必要があります。

ヒンズー教徒が教会などを焼き討ち、26人死傷 インド
インド東部のオリッサ州カンダマル地区で24日から、暴徒化したヒンズー教徒が教会やキリスト教組織が運営する孤児院、州政府閣僚の自宅などを焼き討ちする大規模な暴動が相次いで発生した。25日に地区内の4つの町で夜間外出禁止令が出されたが、放火が続き、26日までに1人が死亡、25人が負傷した。時事通信が、インドのPTI通信の情報として伝えた。

 時事通信によれば、ヒンズー教聖職者の原理主義組織「世界ヒンズー教会」(VHP:Vishva Hindu Parishad=World Hindu Council)の指導者が何者かに襲撃されたのが発端。VHPが抗議デモを行ったところ、一部が暴徒化し今回の事態に至った。

 現地では州政府に対して、治安部隊の配置や犯人逮捕など、迅速な対応を求める声が高まっている。
[2007-12-27]キリスト教インターネット新聞

タグ:インド
posted by indonews at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75156380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。