2008年02月03日

ガンジー追悼式

ムンバイのガンジー博物館にいきました。ガンジーは、非暴力ということで偉い人だと思えます。暴力が正当化されているのがこの世の現状です。それは地球が創生されてから変わらぬ人間の歴史。インドでは現在でもガンジーを尊敬している人が多いと思いました。
ガンジー暗殺から60年 ムンバイなどで追悼式典
インド独立の父、マハトマ・ガンジーが暗殺されてから丸60年となる30日、首都ニューデリーなど各地で追悼行事が催された。ムンバイではガンジーのひ孫によって遺灰がアラビア海に流された。この遺灰はインド人ビジネスマンが保管していたもので、ガンジー記念館に寄贈されていた。
 ガンジーは独立翌年の1948年1月30日、ニューデリーの滞在先で、ヒンズー教至上主義者に銃撃され死亡した。遺灰はガンジス川に流されたが、一部はガンジーゆかりの各地に送られた。
 ガンジーについては、イスラム教徒に融和的すぎたと国内の一部で批判的な見方が残る一方、アフガニスタンやイラク戦争後、その非暴力主義を見直そうという動きも国内外で起きている。(シンガポール 藤本欣也)

2008/1/31
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000996-san-int
タグ:インド
posted by indonews at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82143952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。