2008年02月23日

インドに大型ショッピングモール建設計画

インドの裕福層むけ、物価は高そうです。イスラエル資本の会社ですね。なぜかインドにはイスラエル人旅行者が多かったのですが、それとこれとは関係無いです。
インドに巨大ショッピング・モールが次々と登場
〈ニューデリー〉 アメリカ、イスラエル、スペインでショッピング・モールを運営するビッグ・ショッピング・センター(Big Shopping Centers、本社イスラエル)が、今後10年間にインドに総額960億ルピー(約2600億円)を投資し、国内に60のショッピング・モールを建設する計画を明らかにした。

モールの開発は、ビッグ・ショッピング・センターと、リーマン・ブラザーズが所有するビッグ・モーリシャス・ホールディングス(BIG Mauritius Holdings)の合弁会社、ビッグ・インディア・モール株式会社(Big India Malls Pvt Ltd、BIMPL)が行う。

BIMPLのエイタン・バル・ジーヴ取締役は「この事業には、24億ドル(約2500億円)が投資される。当初の計画では、我々の『オープン・モール』のコンセプトに沿ったショッピング・センターを、インド国内に60展開する」と戦略を語った。

第一のショッピング・モールは、今年11月に、ムンバイーのターネーでオープンする予定。総面積は8.5エーカー(約34000平方メートル)で、売り場面積は、5.5エーカーになる。その後、60店舗までチェーンを拡大し、総売り場面積を2400万平方フィート(約2.2平方キロメートル)まで広げる計画だ。

インドでは駐車が無料で土地も安価であるため、「オープン・モール」の考えはまだ広がっていない。ターネーの後は、バンガロール、ヴァドーダラー、ナーグプル、ボーパール、プネーにもオープン・モールを作っていく計画だ。

2008/2/22Voice Of India
タグ:インド
posted by indonews at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85944024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。