2008年03月01日

インドの女性が列車で出産

インドの列車は日本の列車ほどスピードが速くなかったです。トイレは垂れ流しでした。産まれた子供が無事でよかったです。

インドの女性が列車のトイレで出産、赤ちゃんは線路に落下
[アーメダバード(インド) 29日 ロイター] インドの列車のトイレで26日、女性(33)が予期せず出産し、生まれた女の赤ちゃんが便器の穴から線路に落下する事件があった。赤ちゃんはその後、無事に発見された。
 この女性は用を足そうして出産し、数分間にわたって気絶。「出産はとても突然で、子供がトイレの穴から落ちたことにも気が付かなかった」と述べた。
 意識が戻った女性は家族に状況を連絡。家族らは列車を停止させ、線路を走って赤ちゃんを探したという。その後、通報を受けた付近の鉄道スタッフが、線路の敷石の上で無傷の赤ちゃんを発見した。
 赤ちゃんは予定より2カ月早く産まれたため、現在は入院中。
 インドの列車に装備されているトイレのほとんどは、汚物がそのまま線路に落とされる仕組みになっている。
2008/2/29
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000851-reu-ent
タグ:インド
posted by indonews at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。