2008年04月02日

インド選手聖火リレー辞退

インド選手が辞退しました。国際社会とは?日本政府にも問いたいのですが無駄です。選手にとってはオリンピックは人生がかかっているので選手には関係の無いことです。

チベット鎮圧に抗議、インド選手が聖火リレー辞退
【ニューデリー=永田和男】サッカーのインド代表チームの主将を務めるバイチュング・ブーティア選手(31)が1日、中国によるチベット暴動鎮圧に抗議し、内定していた北京五輪の聖火リレー走者を辞退すると発表した。

 ブーティア選手は、チベット自治区との国境にあるシッキム州出身。英国などでプレー経験もあり、印サッカー界を代表する選手として知られる。1日の声明で「チベットの人々との連帯を示すため」として、印五輪委員会あてに、17日に行われるリレーへの不参加を伝えたと明らかにした。

 一方、北京五輪の聖火は1日、国際ルートの最初の通過都市であるカザフスタンのアルマトイへ向け、専用機で北京を出発した。
2007/4/1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000060-yom-int
タグ:インド
posted by indonews at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92026848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。