2009年11月16日

インドの川でクマ救出

無事に森に返したので良かったです。

インドで川の中で身動きがとれなくなったクマの救出作業 麻酔銃で眠らせ森に返される
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20091116/20091116-00000668-fnn-int.html
11月16日13時22分配信 フジテレビ
インドの川で、1匹のクマが身動きが取れなくなった。
川は流れが速く、クマは岸に近寄ることができず、村人が網を投げて救出を試みたが、クマは暴れて嫌がり、バランスを崩して転んでしまった。

このクマは、村に迷い込んできたところを、野生管理局の担当者らに追われて川に逃げてきたということで、麻酔銃で眠らされ、森に返された。
タグ:インド
posted by indonews at 17:03 | インドの事件

2009年10月21日

マザーテレサはインド人か

マザーテレサは100%インド生まれのインド人かとおもっていました。

本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。アルバニアで生まれて、1931年にインドに渡り、1979年のノーベル平和賞受賞。

現在はコルカタに埋葬されています。

愛の反対は憎しみではなく、無関心」マザーテレサの名言より

アルバニア、マザー・テレサの「帰国」希望もインドは反発

2009.10.18 Web posted at: 19:32 JST Updated - CNN
(CNN) インドで社会的弱者の支援に人生を捧げたマザー・テレサの生誕100周年を来年に控え、出身地であるアルバニアが記念館の設立を計画、同時に遺骨を首都ティラナに移送するよう求めている。一方、国葬でマザー・テレサを見送ったインド側は、活動拠点こそが眠る場所と譲らず、平行線をたどっている。

アルバニアのサリ・ベリシャ首相によると、生誕100周年を記念して、記念館の開館のほか様々な記念行事を開く予定。それ以上に、マザー・テレサが生前、故郷の家族のために毎日祈り、人生を通じて家族を恋しく思っていたことを強調。母や姉が眠るティラナの墓地に一緒に埋葬されるべきだと主張し、「とても人道的な願いだ。インド政府と話し合い、解決策を見出したい」としている。

一方、インド外務省は、外国人としてインドにやってきたが、生涯を通じてインドに貢献した功績を称え、「マザー・テレサはインド国民である」と反論している。
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200910180021.html

posted by indonews at 00:49 | インドの事件

2009年06月24日

【インド】新型インフルエンザ、63人に

インフルエンザでマスク対策が報じられましたが、この前成田空港に行きましたが、それほどマスク人口は多く無かったのです
出国とセキュリティーでマスクを外す必要があります

世界的に拡大するインフルエンザ、インドでも発症です。

【インド】新型インフルエンザ、63人に

6月23日23時0分配信 インド新聞
 23日付のタイムズ・オブ・インディア紙(15面)、ザ・ヒンドゥ紙(12面)によると、インドの新型インフエンザ患者は22日時点で合計63人となった。

 このうち、37人が治り、退院している。22日に新たに4人の陽性者が見つかった。2人はデリーで発見された。1人は25才の青年で17日に米国からドバイ経由でデリーに到着した。もう1人は29才の女性でカナダからベルギー経由でデリーに着いた。
posted by indonews at 10:56 | インドの事件

2009年04月21日

インドの子役、タブロイド誌おとり捜査の理由は?

「貧しい人間はこどもを平気で売る」という記事を書きたかったのだろう。この家族に対して失礼ではないのか?タブロイドが話題づくりのためにこのようなわけわからん捜査をしなければ、騒動にならず母親も心配しなかった。
父親に疑惑があったならば、タブロイド以前にインド警察が捜査するのではないか?この捜査の理由を知りたい

また、人身売買で無い養子縁組に金銭がからむと人身売買になることが分かった。両親同意でもダメなんかー

しかし、貧乏な父親は、養子縁組が本当やったら、裕福な家に子供がもらわれることを望んでいたとおもう。

金も、欲しいやろう


スラムドッグに出た子役みんなが映画出演をきっかけに、何かチャンスをつかんで、貧困街から出れることを願う。

「スラムドッグ$ミリオネア」子役の人身売買、警察が捜査

[ムンバイ 20日 ロイター] インドの警察当局は、映画「スラムドッグ$ミリオネア」に出演した女児を、父親が20万ポンド(約2800万円)で売ろうとしたと疑いで捜査をしている。

 同映画でヒロインの幼少時代を演じたルビーナ・アリちゃん(9)は、父親と義母とともにスラム街で生活しており、家族に高額の養子縁組を持ちかけた英タブロイド誌ニューズ・オブ・ザ・ワールドのおとり取材は、インドでも大々的に報じられた。この報道を知った母親が19日、警察に届け出たという。
 ルビーナちゃんの家族は、人身売買の意志があったことを否定している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000056-reu-ent
posted by indonews at 19:50 | インドの事件

2009年02月24日

ガンジーの遺品、NYで来月競売

【ニューデリー17日AFP=時事】「インド独立の父」マハトマ・ガンジーのトレードマークだった丸眼鏡など遺品の一部が3月5日にニューヨークで競売に掛けられることになった。これに対し、ガンジーのひ孫で「マハトマ・ガンジー財団」(ムンバイ)の理事長を務めるトゥシャール・ガンジー氏は募金を募って遺品を取り戻そうとしている。(写真はガンジーの遺品)
 競売に掛けられるのは眼鏡のほか、サンダル、懐中時計など。ドイツの収集家がガンジーの親族から本来は博物館に展示するためとして入手したものという。競売商は計2万―3万ドル(約180万―270万円)で落札されるとみている。
 トゥシャール氏は、独立指導者の持ち物が競売に掛けられることについて「由々しき侮辱だ」と批判。また、モハン・シン議員は政府に対し、博物館への展示を可能にするため遺品を買い取るよう求め、ガンジー記念財団(ニューデリー)の事務局長も「将来の世代が見て何かを感じ取れるようにすべきだ」と話している。
 トゥシャール氏は競売商に対し、買い取りに必要な資金が集まるまで競売を延期するよう申し入れたが、断られた。多くの貧しい人々からも募金が寄せられているが、このままでは間に合わなくなる恐れがあるという。 〔AFP=時事〕(2009/02/17-21:03)

ムンバイのガンジー博物館に行きましたが感動した、日本語の説明もあった。

絶対取り戻してほしい。
競売以前に、収集家は、商売なんやろうけど、人として、何が正しいのか考える必要がある。
インド政府がなんとかしてください、しかも
トゥシャール氏が買い取るといっているんやから、彼に売ればよいのだ。
少しでも小金が欲しいので、競売に出すんやろうが。。。
タグ:インド
posted by indonews at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2009年01月18日

インドの「たこ揚げ大会」で負傷者80人

インドやしありえる事故やとおもってしまった。ジャイプルで凧揚げをしている子供を見たが、普通に広い場所(廟)でやっていた。
凧揚げ大会のルール強化と開催場所を検討せなかん。

インドの凧揚げ大会事故ニュース
たこ揚げの季節になり、各地から重傷者を含む被害が出ている。マナーやたこ糸の材料に問題がありそうだ。15日付タイムズ・オブ・インディアが伝えた。

 北部ラジャスタン州の州都ジャイプールでこのほど開かれた、たこ揚げ大会では約80人の負傷者が出ている。被害者のほとんどは10代の若者だ。うち入院したのは20人で、3人が建物のテラスから転落したか、車にはねられて重傷。

 負傷者が出るもうひとつの原因は、たこ糸にガラスの粉をコーティングして強化していることだ。けが人の半数は、たこ糸で首などに傷を負っている。

 鳥たちも、ガラスコーティング糸の被害者になっている。ムンバイでは14日だけで、動物愛護団体が約80羽の「被害鳥」を動物病院に持ち込んだ。主にハトだが、ワシ2羽も含まれていた。いずれも羽を切り裂かれていたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000101-nna-int
タグ:インド
posted by indonews at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2009年01月03日

2008年12月16日

インドは裁判官不足


インドは人口が多いからか?それだけが原因でも無いようです。インドとかでモメたりしたらややこしくなりそうです。
タグ:インド
posted by indonews at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年12月11日

インド同時テロ

インド、テロが増加しています、観光客数にも影響しているのではないでしょうか?正直インド行く時はそこらへんも考慮しよう、と、現地におったら案外忘れますが〜かんがえてしまいます。

インド同時テロ、実行犯10人を特定 氏名公表
ニューデリー(CNN) 先月下旬にインド西部の商業都市ムンバイで起きた同時テロについて、地元捜査当局は実行犯10人を特定し、氏名を公表した。

当局は実行犯らの氏名とパキスタン国内の居住地を、襲撃地点別に挙げている。襲撃地点と実行犯の人数は、チャトラパティ・シバジ駅が2人、タージマハル・ホテルが4人、チャバド・ハウスが2人、ホテル・オベロイおよびホテル・トライデントが2人。

現在拘置されているただ1人存命の実行犯は、パキスタン東部パンジャブ州出身のモハメド・アジマル・アミール・カサブ容疑者(別名アブ・ムジャヒド)で、チャトラパティ・シバジ駅の襲撃に関与したとされる。

捜査当局は、全員20代だとする実行犯らの写真も公表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000000-cnn-int
タグ:インド
posted by indonews at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年10月01日

インドで連続テロ

インドで連続テロが発生していますが、最近タイの反政府市民団体の活動、空港閉鎖などで観光客が減ったと報じられましたが、インドもそうなるかもしれません。
インドを旅してテロなどの危険を感じたことは無かったのですが、これからはそこらへんも考慮する必要があります。

また連続テロ、5人死亡=社会不安高まる−インド
【ニューデリー30日時事】インド西部のマハラシュトラ、グジャラートの両州で29日夜、爆弾が相次いで爆発し、PTI通信によると子供を含む少なくとも5人が死亡、80人以上が負傷した。警察はテロとみて捜査している。
 インドでは7月以降だけで、首都ニューデリーを含め、イスラム過激派の仕業とみられる爆弾テロが少なくとも4件発生。死者は100人近くに上り、社会不安が高まっていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000020-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年09月30日

インド西部でまたテロ

インドに初めて行った2006年、テロのことなぞなんも考えていなかった。帰国後ムンバイの列車爆発、バラーナス、アウランガーハードなどのテロが起こり、バラナスは行った有名観光地の寺院であったので、不安になった。インドは親日で多くはいい人やし、人事にはおもえんかった。
次回のインド旅行ではテロも心配する必要がある。

また連続テロ、5人死亡=社会不安高まる−インド
【ニューデリー30日時事】インド西部のマハラシュトラ、グジャラートの両州で29日夜、爆弾が相次いで爆発し、PTI通信によると子供を含む少なくとも5人が死亡、80人以上が負傷した。警察はテロとみて捜査している。
 インドでは7月以降だけで、首都ニューデリーを含め、イスラム過激派の仕業とみられる爆弾テロが少なくとも4件発生。死者は100人近くに上り、社会不安が高まっていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000020-jij-int
タグ:テロ インド
posted by indonews at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年09月19日

インド16歳少女、欧州の「ビッグバン実験」ショックで自殺

 [ボーパール(インド) 10日 ロイター] インド中部マディヤプラディシュ州で16歳の少女が10日、欧州で行われる素粒子加速装置を使った「ビッグバン」実験によって地球が終わりを迎えるとの報道にショックを受けて自殺した。少女の父親が語った。


 警察によると、少女は農薬を飲んで自殺を図り、病院に運び込まれたが後に死亡した。


 父親は地元テレビ局に対し「娘は過去2日、私やほかの身内に9月10日で世界が終わることについて質問をしていた」と話している。


 インドのニュース番組はここ2日ほど、スイス・フランス国境の地下に設置された素粒子加速装置による実験で、世界が破滅するかどうかの議論を多く放送していた。


 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)は10日に運転を開始。円周27キロのトンネル内で光速に加速した陽子同士を衝突させ、宇宙が誕生した「ビッグバン」直後の状態を再現することが期待されているが、実験の過程で小さなブラックホールが作り出され、地球を飲み込んでしまうとの懸念も一部で出ていた。

タグ:インド
posted by indonews at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年09月07日

インドのビハール州洪水被害


インド東北部はインドの中でも貧困な地域です。
タグ:インド
posted by indonews at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年08月08日

インドが北朝鮮機通過拒否

どういう情報かは分かりません。北朝鮮の民間航空機にはどのような人々が乗っていたのか?

北朝鮮機通過を突然拒否=イラン行き、核絡み?−インド
【ニューデリー8日時事】8日付のインド紙インディアン・エクスプレスは、ミャンマーのマンダレーから7日、インド上空を通ってテヘランへ向かう予定だった北朝鮮の民間航空機が離陸直前、インド首相府の指示を受けた同国航空当局から、領空通過の許可を取り消されたと報じた。
 突然の許可取り消しの理由は不明だが、情報筋は北朝鮮とイランの核に絡んだ秘密情報がインドに伝えられたためではないかとみているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000168-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年04月23日

インドの野良犬が幼児を助ける

インド=狂犬病に気をつけよう、です。野良犬は多く、警戒していました。子犬も要注意。狂犬病予防接種はしていません。しかし、野良犬が幼児を助ける事件がありました。ニュースを読む限り、割合的に男児のが多いような気がします。
インドの野良犬たち、捨てられた女児の命救う
[パトナー 22日 ロイター] インド東部ビハール州の村で、捨てられていた赤ちゃんの命を野良犬が救うという出来事があった。現地当局者らが22日に明らかにした。
 それによると、この女児は母親によって泥の中に置き去りにされたとみられるが、犬3匹がほえているのに気付いた住民らに助け出された。
 現地政府の高官は「犬たちは(赤ちゃんの)周囲の土をどけてからほえ始め、赤ちゃんも泣き始めたことで近隣住民の気を引いた」と述べた。同高官によると、女児は子どものいない夫婦に引き取られ、現在は無事だという。
 警察は、女児が死亡する可能性を承知で置き去りにしたとみられる母親の行方について捜査している。
 インドでは稼ぎ手となる男児誕生を望む傾向が強いため、国連の推計によると、1日当たり2000件前後の女の胎児の中絶が違法に行われている。
2008/4/22
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000492-reu-ent
タグ:インド
posted by indonews at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年04月02日

インド選手聖火リレー辞退

インド選手が辞退しました。国際社会とは?日本政府にも問いたいのですが無駄です。選手にとってはオリンピックは人生がかかっているので選手には関係の無いことです。

チベット鎮圧に抗議、インド選手が聖火リレー辞退
【ニューデリー=永田和男】サッカーのインド代表チームの主将を務めるバイチュング・ブーティア選手(31)が1日、中国によるチベット暴動鎮圧に抗議し、内定していた北京五輪の聖火リレー走者を辞退すると発表した。

 ブーティア選手は、チベット自治区との国境にあるシッキム州出身。英国などでプレー経験もあり、印サッカー界を代表する選手として知られる。1日の声明で「チベットの人々との連帯を示すため」として、印五輪委員会あてに、17日に行われるリレーへの不参加を伝えたと明らかにした。

 一方、北京五輪の聖火は1日、国際ルートの最初の通過都市であるカザフスタンのアルマトイへ向け、専用機で北京を出発した。
2007/4/1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000060-yom-int
タグ:インド
posted by indonews at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年03月18日

インドの英国人少女殺害事件続報

インドの英国人少女殺害事件の詳細が少し明らかになりました。真夜中に男の集団の中で、しかも異国で、少女が一人で泥酔すればどうなるか。
インドでなくても起こりうる事件です。これが真実とするならば、まだ子供である15歳の子供を夜中に飲み屋で一人で飲酒させた母親の責任です。最も悪い、死刑になるべきなのは殺人者ですが。
マニオン氏はなぜせめて警察に通報しなかったのか?通報すれば命だけでも助かったかもしれないのだ。その場で少女を自分の宿に連れて帰るべきだったのだ。しかも同じイギリス人同士である。
殺人とまではいかなくとも、何か少女が犯罪にまきこまれる状況にあったことは明らかです。自分も暴行されるとおもったのだろう。当然ガンジャは親子でやっていただろう。ガンジャも絡んでいるようです。

タグ:インド
posted by indonews at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年03月17日

インドでイギリス人少女殺害事件

インドのゴアで英国人少女が殺害された事件。写真見て最初の印象は、母親はインドにハマったいかにもな白人という印象です。事件の詳細は知りませんが、どんな人か知らんが異国で子供を他人に預られるのか?親に責任を問うのは当然です。子供が気の毒です。
posted by indonews at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年03月01日

インドの女性が列車で出産

インドの列車は日本の列車ほどスピードが速くなかったです。トイレは垂れ流しでした。産まれた子供が無事でよかったです。

インドの女性が列車のトイレで出産、赤ちゃんは線路に落下
[アーメダバード(インド) 29日 ロイター] インドの列車のトイレで26日、女性(33)が予期せず出産し、生まれた女の赤ちゃんが便器の穴から線路に落下する事件があった。赤ちゃんはその後、無事に発見された。
 この女性は用を足そうして出産し、数分間にわたって気絶。「出産はとても突然で、子供がトイレの穴から落ちたことにも気が付かなかった」と述べた。
 意識が戻った女性は家族に状況を連絡。家族らは列車を停止させ、線路を走って赤ちゃんを探したという。その後、通報を受けた付近の鉄道スタッフが、線路の敷石の上で無傷の赤ちゃんを発見した。
 赤ちゃんは予定より2カ月早く産まれたため、現在は入院中。
 インドの列車に装備されているトイレのほとんどは、汚物がそのまま線路に落とされる仕組みになっている。
2008/2/29
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000851-reu-ent
タグ:インド
posted by indonews at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件

2008年02月11日

インドで違法な臓器移植を行った医師逮捕

インドで貧困層の人が騙されて違法な臓器移植をされた犯罪がありましたが、臓器移植を行った医師が逮捕されました。
貧困層の臓器を裕福層や外国人に売り、巨額の金を得る。この医師だけではなく、ブローカーや誘拐犯など犯罪組織となっています。
タグ:インド
posted by indonews at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの事件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。