2009年07月29日

インドで雨乞い、娘たちに裸で田畑を耕させる

全裸か?下着は着用していたのか?が気になります・・・

と最初に思ってしまいましたが、干ばつで本人たちは必死やとおもいます。雨が降ることをいのる。

インドで雨乞い、娘たちに裸で田畑を耕させる
2009.7.28 10:15

インド東部のビハール州の農家らが、未婚の娘たちに裸で田畑を耕させる雨乞いの儀式を行った。村の議会関係者が、23日伝えた。

 天気を司る神に恥ずかしい思いをさせ、モンスーンの雨を降らせるようにさせるのが狙いだという。「この地域では、最も強く信じられている風習であり、多量の雨が降るまでは続けられる」という。

 目撃者らによると、裸の娘たちは日没後、宗教歌を口ずさみながら田畑を耕し、神に祈りを捧げた。

 インドではことし、モンスーンの始まりが過去80年で最も遅くなり、いくつかの州で干ばつが発生している。(ロイター)
タグ:インド
posted by indonews at 23:09 | インドの宗教

2007年09月14日

インド、ヒンズー神の化身はあるのか?

「あなたが幸せなら、私も幸せです」初対面の日本人バックパッカーに、数人のインド人が言った。ヒンズーの教えなのかその人の性格なのかは分らないが、インドの人は信仰熱心であった。日本人が無宗教無関心なのもあるので、よけいにそう見えるのかもしれない。
しかし、他人の幸せを願う心は理解できたのだ。

ヒンズー神の化身、「実在の証拠ない」=政府見解に保守派激怒−インド
【ニューデリー13日時事】インドとスリランカを隔てる遠浅の海で行われている水路建設をめぐり、ヒンズー教の保守層が浅瀬に点在する砂州は神の化身であるラーマ王の創造物「アダムの橋」だと主張し、工事に反対している。インド政府は12日、ラーマが実在した証拠はないとの見解を表明、保守派の猛反発を買った。
2007/9/13時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000068-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの宗教

2007年07月29日

インドで牛は聖なる存在〜ロンドンの感染牛

インドで牛は街、駅、道路、どこでもいます。牛は自由にどこでもいけるのです。本当にインドの人が牛を崇めていることがよくわかりました。
聖なる牛、英で処分の是非巡り騒動
【ロンドン=木村正人】英国ウェールズ南部カーマーゼンシャーにあるヒンズー教団体に「聖なる牛」として崇拝されていた6歳の去勢牛「シャンボ」が、このほど結核感染を理由にウェールズ議会政府の役人や警察官により強制隔離された。近く殺処分される。

 この牛はヒンズー教団体が崇拝の対象として世話していた約50頭のうちの1頭で、4月に牛型結核菌を保有していることが検査で判明。「周囲の動物や人に感染する恐れがあり処分する」という議会政府の通告に、僧侶たちは「シャンボは食用ではない。殺処分はヒンズー教の教義に反する」と訴え、牛をヒンズー寺院にかくまった。ネット上で嘆願署名を始め、英国全土だけでなくスイスやニュージーランドにも抗議の輪が広がった。

 今月16日、地元の高等法院が「人への感染リスクは少なく、牛を隔離すれば感染は防げる」と議会政府の決定を取り消したが、ロンドンの控訴院が23日に殺処分を認める逆転判決を言い渡した。26日には牛を守ろうと100人以上が畜舎を取り囲む中、役人は令状を執行、門をこじ開けシャンボをトレーラーに乗せ連れ去った。

 僧侶側は牛をインドに移すことも提案したが、「例外は認められない」として却下された。 2007/7/28産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070728-00000124-san-int
タグ:インド
posted by indonews at 21:58 | インドの宗教

2007年05月09日

インドのヒンズー教女神の裸身絵画が問題に

ヒンズー教の女神の裸身を描いた画家に召喚がくだされました。
この絵画を見てみたいです。また、画家の名前が「フセイン」氏で91歳というのもある意味驚きですが。

ヒンズー教の女神の裸身を描けば犯罪? インドで論議
ヒンズー教の女神の裸身を描いたのは犯罪に当たるとの訴えを受け、インドの地方裁判所が同国の代表的画家マクブール・フィダ・フセイン氏(91)に召喚状を出し、論議を呼んでいる。

インドでは4月、公衆の面前で女優にキスした米映画俳優リチャード・ギアさんに公然わいせつ容疑で逮捕状が出たばかり。いずれも弁護士の提訴を受けたものだが、同種の訴訟の乱発と、それらを認める裁判所の「常軌を逸した寛容さ」(ヒンズー紙)に批判が出ている。

 出頭を命じたのは北部のハリドワール地裁。ヒンズー至上主義の弁護士が昨年3月、「女神の裸身をわいせつに描き、信仰心を傷つけた」として提訴した。地裁はフセイン氏に数回、出頭を命じたが、同氏が応じなかったため、6日、ムンバイの同氏宅を差し押さえた。(時事)
2007年05月09日asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/0509/JJT200705090005.html
タグ:インド
posted by indonews at 21:16 | インドの宗教

2007年05月08日

インド「セポイの反乱」150周年、若者1万人が大行進

セポイの反乱とは、名前だけ知っていましたが、宗教の問題だったのですね。

【ニューデリー=永田和男】インドにおける英国の植民地支配への最初の大規模抵抗運動「セポイの反乱」150周年を祝う大行進が7日、ウッタルプラデシュ州メールトを出発した。

 若者1万人が、首都ニューデリーまで60キロの道のりを4日かけて歩き、11日に政府首脳らの出席する祝賀行事に臨む。

 反乱は、英東インド会社が、ヒンズー教徒にとって神聖な牛脂と、イスラム教徒が口にしてならない豚脂とを塗布した弾薬包を配布したのに憤ったセポイ(雇い兵)らが1857年5月にメールトで決起し、デリーに進撃して幕を開けた。

2年後に鎮圧されるが、1947年の独立実現に向けた第一歩としてインドでは今も重要視されている。同反乱は、ヒンズー、イスラム教徒がインド史上まれな連帯を示したことでも評価されており、7日の行進出発であいさつした閣僚らからも、「当時と同じ精神を取り戻そう」など、現在も続く宗教対立の克服を訴える発言が聞かれた。

(2007年5月7日21時23分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070507i213.htm?from=main2
タグ:インド
posted by indonews at 19:27 | インドの宗教

2007年04月11日

「反イスラム」CDで物議=ヒンズー至上主義政党が作成−インド

インドで選挙とかで何かあったら、大問題になって、騒動になって、ケガしたり死んだりしそうで怖ろしいです。
とくに宗教関係のことやから、これは大問題です。
ヒンズー教の人は、イスラム教を快く思ってはいない、と感じました。
何も無く、誰も傷つかずに解決してほしいです。

2007/04/10-14:23時事ドットコム
【ニューデリー10日時事】「わが党に投票しなければムスリム(イスラム教徒)の奴隷になる」「ほかの政党は全部、ムスリムのスパイ」−。ヒンズー至上主義を標ぼうするインドの全国政党・インド人民党(BJP)が最近、イスラム教徒への憎しみをあおりかねない選挙用のビデオCDを作成し、物議をかもしている。
 インドでは選挙に際し、宗教やカースト(社会集団)間の緊張を生む言動は法で禁じられており、選挙管理委員会は10日までに、シンBJP総裁らを刑事告発した。

真向法 10 : 真向法の体操と効果の口コミ情報
タグ:インド
posted by indonews at 19:09 | インドの宗教

2007年03月23日

インドで「血を流す」キリストの絵が話題に

【ポートブレア(インド) 21日 ロイター】 インドのアンダマン諸島では、2枚のイエス・キリストの肖像画が2週間前から「血を流している」と話題になり、その前で多くの人々が祈りを捧げている。警察や実際に絵を目にした人たちが語った。
 警察の無線通信士エリック・ナサニエルさんは、2週間前、自宅にあるキリストの肖像画から赤い液体が流れ出ているのを発見したという。

2007/03/22 13:16世界日報ニュース

世界中で、キリストの絵から血が流れたり、マリア像が泣いたり、不思議な出来事がある。

これは、物質の化学変化とかではないとおもう。

神からのメッセージなのだ。

たとえ、科学捜査とかして、本当に化学変化だと実証されても、素直に神が与えたもうたメッセージだと思うだろう。
そう思う心が大切だとおもう。

還暦とは : 還暦 祝 贈り物 口コミ情報
posted by indonews at 19:00 | インドの宗教
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。