2007年12月01日

インドのパイロット事情

海外旅行によく行くものにとって飛行機事故は怖ろしいのですが、インドで国内線やインド系の飛行機乗るのは、考えてしまうニュースです。
タイ航空とシンガポール航空が一番気に入っていて、よく利用します。

操縦桿を握るのは未成年パイロット!?
民間旅客機のパイロットが不足しているインドでは、操縦技術の未熟さを巡って問題が起きている。
現在のインドでは商業パイロットのライセンスを取ると、なんと6か月で副操縦士としてコックピットに入ることが許されている。米国などでは最低7年の訓練期間が必要だが、インドでは20歳以下の若者が操縦桿の前に座れてしまうのである。パイロットを雇っている航空会社も、彼らの訓練状況を把握しているところはほとんどない。
飛行士訓練学校も以前は41校あったが、現在は16校が経営難によって休校しており、残りの学校も状況は厳しい。現在残っているインストラクターはわずかに32人。訓練機器もまともに揃えられるはずがなく、操縦シミュレーターさえない環境でライセンスを発行するところもあるといわれている。
航空業界では、ここ5年の間にあと4000人のパイロットが必要といわれている。人材確保の目処(めど)がたたない政府は、その対策として新人に求められる技術基準を引き下げたという。

ヒンドゥスタン・タイムズ(インド)より。
2007/11/29
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071129-00000000-cou-int 
タグ:インド
posted by indonews at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの教育

2007年06月16日

インドの73歳男性、結婚できず 胃カメラ検査

インドの爺さんがテスト受けて不合格。ってーか、もう、やめとけや…?無理やろ、記憶力だんだん悪るなってんのに…若い子ほしいのは分るが(笑)
結婚賭けたインドの73歳男性、38回目も試験不合格
[ジャイプル(インド) 14日 ロイター] 高等学校の試験に受かるまで結婚はしないと宣言しているインドの73歳の男性が、38回目の不合格となってしまった。農業に従事するこの男性は、30代で初めて学問を志し、以後15歳の生徒が通常受ける試験を1969年から毎年受けているが、いまだに合格できないでいる。

 今年の試験では、サンスクリット語以外の全科目で不合格となり、得点は600点満点中103点だった。男性によると、数学が特に難しく、この科目が総合点を下げている原因だという。

 インド西部のラージャスターン州にある村で独身生活を送るこの男性は、ロイターに対し「試験に合格したら、30歳以下の女性と結婚したい」と話した。2007-6-14ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000597-reu-int
胃カメラ検査と麻酔の体験記
タグ:インド
posted by indonews at 15:28 | インドの教育

2007年05月21日

インドの花嫁、相手が「色黒」で結婚を嫌がる

インドでは、男性はインド人女性には手を出せないと言っていました。地方の話ですが。村の結婚式に招待されたのですが、会場には新郎新婦の姿は無く、物陰で女性が歌を歌っていて、
「先に招待客の男性が会食をして、後に女性が食事を取る、昔の日本と同じです」
と説明されました。

【パトナ(インド) 19日 ロイター】 インド東部ビハール州の村で、結婚を断られた男性(23)が相手女性(19)の家の前で2日間のハンガー・ストライキを行うという騒ぎがあった。女性は男性の肌の色が黒いことを理由に結婚を嫌がったが、最終的には結婚を受け入れた。現地当局者が19日に明らかにした。

 この女性は今週に入り、見合い結婚の相手男性の肌が黒過ぎるとして結婚を拒否していた。これに対し、男性は断食をしたうえで、女性の家の前から動かないと伝え、ハンガー・ストライキを行っていた。

 インドでは、地方部を中心に多くの女性が結婚に関する自由を手にしておらず、親類や両親が決めた相手と強制的に結婚させられることも少なくない。

2007/05/20 18:48 世界日報
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/2007-05-20T184855Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-260489-1.html
タグ:インド
posted by indonews at 20:16 | インドの教育

2007年05月09日

在日インド人の学校と教育

某国の「ゆとり教育」という、私利私欲しかない糞どもが作ったものが、いかにふざけたモノか納得してしまったニュースです。
インド人の学校が1日に9時間目まで授業があるのがすごいし、自分なら絶対サボるだろうが、それが学生の本業やからな。。。社会人になった今、思うことです。

インド人学校、地域と共生・ITエンジニアの来日増え
インド人子弟向けの学校が相次ぎ誕生し、在日インド人が抱える教育の悩みを解消しつつある。激しい学歴社会のあるインド本国と同様のカリキュラムを組んで高レベルの授業を行う。

子どもの教育を考え単身で来日してきたIT(情報技術)エンジニアなどにも家族と住む道を開き、インド人の急増を後押ししている。

 2006年8月に開校した東京都江戸川区の「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール」(GIIS)は幼稚園児から高校生まで約170人が在籍する。特徴は授業のレベルの高さ。午前9時過ぎから始まる授業は1日に9時間目まである。2007/5/9NIKKEI NET
Thttp://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070509AT1G0901209052007.html
タグ:インド
posted by indonews at 21:24 | インドの教育

2007年03月31日

被差別カースト優先入学枠拡大・インド最高裁、実施延期を決定

インド最高裁は29日、インド工科大学(IIT)など有力国公立大学などが来年度の入学枠から実施予定の被差別カースト子弟優先入学枠拡大について、「1931年の国勢調査結果をカースト別人口比率の根拠とするのは不適当」などとして、実施延期を命じる決定を下した。

 優先枠拡大を進めたシン人的資源開発相は「(優先枠拡大は)国会決議も済み、法的に有効であると確信する」と述べ、異議申し立てなどの対抗措置を取る考えを示した。各大学は「政府の決定に従う」とし、来年度入学する生徒の入試の準備に追われる中で困惑が広がっている。

2007/3/31NIKKEI NET

カースト制度。インド旅行中、それを感じることは何度かあった。いわなくても分った。「ああ、これがカースト制度なんや」、と。

一見、自分と同じような普通の労働者でも、カーストによって生活が定められていることがわかったのだ。

カースト制度は、インドの問題かもしれないが、それが普通の生活にあるのは事実で、ずっと続いていくと思ってしまった。

生まれた、そこに生まれた人間の運命、といえばそれまでやけど、カースト制度によって、なんでも制限されるのは、やはり、自由な国の人間からみたら、可哀相だと思った。

タヒチアンノニ 効能 3 : タヒチアンノニの効果と効能
タグ:インド
posted by indonews at 18:04 | インドの教育

2007年03月30日

コマツがしっかり、インドで鉱山機械工場稼働

小松製作所(6301)がしっかり。

同社は、インドのチェンナイで鉱山機械の工場を本格稼働させた、と報じられた。積載量60トンと100トンのダンプトラック2機種を生産、石炭や鉄鉱石の鉱山に納入する。投資額は14億円。07年に100台、08年にフル操業となる200台の生産を見込むという。

コマツの株価は現在2520円(△35円)。

2007年03月29日13時08分兜町ネット

↑しっかり、ってナンすか?意味が分りませんが。。。
小松製作所はインドにも拠点があったんですね、知りませんでした!

チェンナイは今度訪れるであろうゲートとなる都市です。インドは国がでかいから、日本と違って資源も豊かそうです。

タヒチアンノニ 効能 2 : タヒチアンノニの効果と効能
タグ:インド
posted by indonews at 18:56 | インドの教育

2007年03月24日

トヨタがインドに技術学校

8月開校 新工場リーダー育成
トヨタ自動車は23日、インドでの生産を担う若者を育成するため、南部バンガロールに「トヨタ工業技術学校」を設立すると発表した。経済的理由で進学が難しい中学卒業生を受け入れ、8月に開校。ものづくりの技能に加え、実習を通じてトヨタ方式を伝える。

 卒業後は現地法人で積極的に採用し、将来の現場リーダー養成を目指す。在学中に手当を支給するなど、トヨタ工業学園(愛知県豊田市)に近い運営が特徴で、海外では初めてのトヨタの企業内学校となる。

 学校は、バンガロールにある車両工場に併設。塗装、溶接、自動車組み立て、メカトロニクスの4コースを設け、工場での技能実習も実施する。3年制で1学年の定員は約60人。入学金や授業料は全額補助し、毎月5000−6000円の手当も支給する。全寮制。第1期生は、バンガロールのあるカルナタカ州の中卒者を対象に、4月から募集を始める。

 トヨタは2009年以降、インドに新工場を建設し、低価格の小型戦略車を生産する計画。企業内学校の設置には、現場の中核となる人材を早期に育成する狙いもあるとみられる。

2007/3/24中日新聞東海北陸経済

トヨタはすごいことをやりますな。
学校を作ったら、仕事にありつく人が増えるし、街も発展すると思います。

毎月5000−6000円の手当も支給する。
これは、インドの人にとってはかなり、大金やと思う。
住み込みで働いている若者が、生活費は、月20ドルや、と言っていました。
自分が住んでいる、小さい1ルームのアパート代をいうと驚いていました。

インドは貧しい国なので、教育をうけられん人がたくさんおります。働きたくても働けん人もいます。

技術を身につけて、立派なエンジニアになってほしいと思います。

還暦 祝 贈物 1 : 還暦 祝 贈り物 口コミ情報
posted by indonews at 20:00 | インドの教育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。