2009年09月01日

心臓が「体外」に飛び出た状態の赤ちゃん、埋没手術へ インド

心臓が体外にあるとは非常に危険です、早く助かってほしいです。

心臓が「体外」に飛び出た状態の赤ちゃん、埋没手術へ インド

9月1日16時39分配信 CNN.co.jp
ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーにある全インド医科学研究所(AIIMS)の医師団が、心臓が「体外」に飛び出た状態で生まれてきた赤ちゃんの手術を実施することになった。同様の症例は2006年に米フロリダ州の病院が実施し、成功している。

赤ちゃんはインド北西部、ネパールとの国境近くの地域で誕生した。両親が列車を乗り継いで病院に到着した際には、生後4日だった。この間に、むき出しとなった心臓に細菌などが付着しており、赤ちゃんは感染症を併発しているほか、脱水状態だったという。

現在、赤ちゃんは血液を濾過するなど、感染症の治療と免疫力の強化を優先している。心臓は膜を被せて保護している。
posted by indonews at 23:34 | インドの科学、医療

2009年03月15日

インド 鉄棒が腹部に貫通した男児助かる

助かってよかった。子どもの小さい腹に刺さってダメージは大人より酷かっただろう。

3歳男児、1.2メートルの鉄棒突き刺さるも助かる インド

(CNN) インド東部ジャルカンド州の州都ランチーで、3歳男児が屋根から転落し、腹部に長さ1.2メートルの鉄棒が突き刺さったが、医師らの尽力で一命を取り留めた。

インド紙タイムズ・オブ・インディアによると、3歳男児は祖父宅で遊んでいる最中に、建設中だった屋根のテラスから転落。腹部を鉄棒が貫通し、地面に落下した。

男児はすぐに、約6キロ離れた病院に搬送され、手当を受けた。医師らは約5時間をかけて、鉄棒を取り除き、傷ついた内臓の手術を実施し、男児を助けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000015-cnn-int
タグ:インド
posted by indonews at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年12月08日

インドで70歳女性が出産

インドの地方に行くと”XXの兄弟だ””●●のいとこだ””その親戚だ”…とやたら親族だらけなことがあった。70歳女性高齢出産もすげーし、夫が妹と結婚してその元妻である姉が出産したという、日本人から見ると複雑な家庭事情も印度ですかな・・・
血縁関係が大切にされているので、夫婦が歳とっても親族が子供の面倒を見てくれるであろう。

70歳インド女性が女児出産、体外受精で“世界最高齢”
【ニューデリー=永田和男】8日付インド紙「タイムズ・オブ・インディア」紙によると、同国北部ハリヤナ州で最近、70歳の女性が体外受精で女児を出産した。

 同紙は、世界最高齢出産と報じている。

 同紙によるとこの女性、ラジョ・デビさんは11月28日に出産し、母子ともに健康。

 デビさんと夫のバラ・ラムさん(72)は1954年に結婚したが、子供が出来なかった。ラムさんは10年後、デビさんの妹と結婚したがやはり子供が出来なかったといい、今回、不妊治療の助けを借り、結婚以来54年ぶりで子宝に恵まれた。

 同紙は、ルーマニアの66歳女性やスペインの67歳の女性がやはり体外受精で出産した例があるが、デビさんはそれらを上回る最高齢だと報じている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000053-yom-int
タグ:インド
posted by indonews at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年03月20日

インドの人口抑制策と銃保持

インドのパイプカットは人口抑制と住民の治安の目的です。アメリカのように銃社会にならなければいいのですが。人口抑制もあるが、パイプカットで安易に生でSEXをしてしまい、エイズが広まらないか、ともおもいます。
この地域はここまで治安が悪いようなので、行かないようにしたいです。
タグ:インド
posted by indonews at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年03月09日

インドの狂犬病・野良犬対策

インドは牛も多いが犬も多いのです。狂犬病は恐ろしい病気の一つですが、予防接種はしませんでした。これからもしません。犬に注意、これしかないです。子犬にも注意です。
しかし、狂犬病の元凶となる野良犬を殺さず不妊手術することがすげーとおもいました。日本では伝染病ではない熊や猿が人間の住むエリアにきただけで殺されるからです。
すぐに殺さずに、動物も生きていけるように対策できないのだろうか?遠くに連れて行くとか不妊手術とか、野生動物を保護するエリアの確保ができないのだろうか?
人間だけで生きていけるわけがないのだ。

野良犬10万匹の毒殺処分を撤回、反発受け インド
スリナガル――インド北部ジャム・カシミール州スリナガルの市当局は7日、狂犬病対策として打ち出していた市内の野良犬約10万匹の毒殺処分を撤回、代替策として不妊手術を実施すると発表した。動物愛護団体などからの反発を踏まえた措置。

市内にはいかいする野良犬のうち、7日までに約500匹が毒殺されたという。不妊手術には連邦政府の環境省、動物保護団体も協力する。

インドにおける狂犬病の犠牲者は世界最悪水準となっており、政府は対策に頭を痛めていた。世界保健機関(WHO)によると、世界では毎年、約3万5000人が狂犬病で死亡しているが、インドにおける死者数は全体の60%以上を占める。

同国には数百万匹規模の野良犬がいるとされる。急激な都市化の波でこの問題は一層悪化していた。

動物愛護団体は、毒殺計画に対し法的な対抗措置もちらつかせていた。
2008.03.08 Web posted at: 14:11 JST Updated - CNN/AP
タグ:インド
posted by indonews at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年02月14日

インドのトラ絶滅の危機

インドのWWFでトラのポストカードを購入しました、トラ年です。
シンガポールのナイトサファリに参加したときにベンガルトラは絶滅の危機にあると説明されました。密漁犯人は厳罰に処すべきです。人間のエゴで動物が亡くなるのは理不尽です。
インドのトラが半減 絶滅の危機、保護強化必要
【ニューデリー13日共同】絶滅の恐れがあるインドの野生のベンガルトラ(インドトラ)の生息数が、6年前の3642頭から半数以下の計1411頭に激減していることが13日、同国環境・森林省の調査で分かった。

 毛皮や漢方薬目当ての密猟が続いているほか、人間の居住区域拡大と森林面積の縮小が背景。同日付のインド主要紙はそろって大きく取り上げ、緊急に保護策強化が必要だと訴えた。

 インドでは今年、森林地帯で生活する部族住民の権利を保護する法が施行されたばかりで、政府は住民の権利か野生生物の保護かで板挟みになりそうだ。

 調査方法は、前回までの足跡を基に推計する方法から、地理情報や監視カメラ、DNA採取などを用いた詳細なものに変更、実数に近くなったという。大幅な減少は調査方法の変更も影響しているとみられる。

2008/2/13
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008021301000532.html
タグ:トラ インド
posted by indonews at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2008年01月21日

インドの鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザのニュースを日本でみても現地でチキンを食ってしまいます。インドで当然牛、豚も食う機会が無かったのでチキンカレーやエッグカレーを食っていました。ベトナムでも鳥ばっか食っていました。
インドの鳥インフルエンザ、養鶏家ら処分反対で拡大懸念
2008年01月20日 02:51 発信地:マルグラム/インド

【1月20日 AFP】高病原性鳥インフルエンザの拡大が懸念されるインド東部で19日、死んだニワトリの検査が行われた。同国東部での鳥インフルエンザウイルスの感染は深刻だが、地元の養鶏家らは大量処分に反対しており、ニワトリの殺処分が難航している。

 世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は、人口が過密する同国東部西ベンガル(West Bengal)州での鳥インフルエンザの影響は、これまでより広範囲に及んでいることもあって、同国史上もっとも深刻な事態だと指摘する。

 同州当局者は、状況は「非常に深刻」とした上で、村民らがニワトリの死骸(しがい)を川や池に投棄し、ウイルスの拡大リスクが増加していると強調した。インド政府によると、同州の3地域で鳥インフルエンザが確認されており、ニワトリ約8万5000羽が死んだという。

 人口11億人のインドでは、鳥インフルエンザが2006年から3度発生しているが、ヒトへの感染は確認されていない。

 養鶏家らの補償には、約3000万ルピー(約8200万円)の予算が充てられた。しかし政府のウイルス拡大阻止への試みは、死んだニワトリへの補償が十分ではないとする地元住民との間で、協力関係が築けず行き詰まりをみせている。(c)AFP/Sailendra Sil



posted by indonews at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2007年12月17日

インドの8本手足女児手術成功

インドの8本手足の子供のニュースを以前掲載しました、そのこの手術が成功してよかったです。

8本の手足持つ女児が切除手術
インド南部のバンガロールの病院でこのほど、生まれつき8本の手足を持つ2歳の女児ラクシュミ・タトマちゃんが手足の切除手術を受け、無事成功した。写真は父親に抱きかかえられるラクシュミちゃん(15日)(AFP=時事)
2007/12/16
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000008-jijp-int.view-000
タグ:インド
posted by indonews at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2007年12月15日

インドのミサイル【アグニ4】

対中ミサイル。アグニ…すげー名前。漢字で表現すると「阿愚弐」がぴったりである!これで中国撲滅か?

ICBM級のミサイル開発に着手=インド
【ニューデリー12日時事】インド政府の防衛研究開発機関(DRDO)高官は12日、射程6000キロの長距離弾道ミサイル「アグニ4」の開発に着手したことを明らかにした。PTI通信が伝えた。2010年までに最初の発射実験を行う可能性があるとしている。
 インドは今年4月、北京や上海など中国の主要都市を射程に収める「アグニ3」(射程3500キロ)の発射実験に初めて成功している。アグニ4の開発が成功すれば、射程は大陸間弾道ミサイル(ICBM)とほぼ同レベルに達することになる。
2007/12/13
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000003-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 23:15 | インドの科学、医療

2007年11月13日

インドの腕4本、脚4本の子供が手術

神の生まれ変わりといわれても、両親は普通の健康な子供でいてほしいと思います。インドなので人買いに連れ去られんでよかったです。

腕4本、脚4本の2歳女児 切除手術が無事終了 インド
インド・バンガロール──インド南部バンガロールの病院で6日、腕が4本、脚が4本ある2歳女児の、余分な腕と脚を切除する手術が行われ、約40時間後に無事終了した。医師によると、手術は計画通りに進めることができ、女児の容体も安定しているという。


インド北東部ビハール州の貧村で誕生した女児は、母親の子宮の中で双子として育っていたが、片方が何らかの理由で成長が止まり、片方の臓器や腕、脚などを吸収した結果、余分な臓器などを持ってしまった「坐骨結合体双生児」と呼ばれる状態だった。


腕と脚のほか、成長しなかった胎児の腎臓など、他の未発達な臓器も切除した。


地元紙などによると、女児の名前はヒンズー教で4本の腕を持つ、美と豊穣、幸運を司る女神にちなんで「ラクシュミー」という。


両親の稼ぎは1日1ドル(約114円)ほどで、切除手術の費用を出せない収入だった。しかし、バンガロールにある病院の医師が、ラクシュミーちゃんの村を訪問して診察し、病院側が費用を負担する援助が決まって、切除手術につながった。


村では女神のように尊敬を集めていたが、両親はラクシュミーちゃんを見せ物にしようと買い取りを企むサーカス団から隠して育ててるなど、苦労を重ねていたという。


また、村では女神ラクシュミーの生まれ変わりとして扱われていたため、手術に反対する村人も多かったという。しかし、余分な臓器などを切除しなければ、ラクシュミーちゃんは思春期ごろまでしか生きられないと見られていた。


手術は、専門医など30人以上が協力した。
2007.11.07
Web posted at: 15:55 JST
- CNN/AP
タグ:インド
posted by indonews at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドの科学、医療

2007年07月18日

インドカレーを団塊親に食わすか?

インドではメシ全部カレー味である。菓子までもが。「カレー」というメニューはない。全部がスパイシーOR超甘なので常に下痢状態である。しかし胃にもたれないのだ。
やはりその国の食い物はその土地にあっているのだろう。
カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
[ワシントン 16日 ロイター] 米研究者が16日、カレーに含まる成分が、脳の働きを阻害しアルツハイマー病を特徴付けるタンパク質を吸収する免疫細胞を、活性化する可能性があると発表した。
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校のミラン・フィアラ博士の研究チームが全米科学アカデミー会報で発表した。
 これによると、インドカレーに独特の色を出す黄色い香辛料のターメリックに含まれている化合物が、アルツハイマー病の症状に対抗する特異な反応を誘発するとみられている。
 同チームではこれを応用し、その化合物を患者に注入することでアルツハイマーという致命的で不治の脳の病を治療できる可能性を指摘している。
 また別の研究では、ターメリックに含まれる抗酸化物質のクルクミンが腫瘍(しゅよう)の形成を妨げることが、実験室レベルとネズミを使った実験で示されている。7月17日16時42分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000128-reu-int
タグ:インド
posted by indonews at 14:53 | インドの科学、医療

インドで売春婦にコンドーム配布HIV対策

インドでビンロウの実らしい、タネというか小さいマメみたいなのをもらいました。ガムのように噛むのです。
特にクセもなく、メンソールでもなく、まあ、そんなもんか、と。
インドで「ビンロウの実」風味のコンドームが登場
[ニューデリー 17日 ロイター] インドのゴム製品メーカー、ヒンドゥスタン・ラテックスが、南アジアで広く普及している嗜好品「ビンロウの実」の風味を付けたコンドームを発売した。17日付のヒンドゥスタン・タイムズが報じた。
 それによるとこの新製品は、エイズなどの性感染症にかかる可能性の高い人の中から売春婦を主なターゲットに設定。同社が製品開発に伴って実施した事前の味覚テストでは、チョコレート風味やバナナ風味、イチゴ風味などの試作品の中でもビンロウの実が一番人気が高かったという。
 同紙によると、当初の販売対象は売春婦のみとなるが、向こう数カ月以内に一般向けにも売り出されるという。
7月17日17時12分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000139-reu-int
タグ:インド
posted by indonews at 12:26 | インドの科学、医療

2007年07月17日

インドのエイズ問題

インドに売春宿はあるようで、田舎にはなく都会にあると言っていました。売買春は世界中どこでもあるのですが、エイズ対策はマジで危機管理をしっかり持つことです。
HIV感染者によってエイズが広まるのです。
インドの女性、性行動で夫を信用すべきでない=担当相
[ニューデリー 16日 ロイター] インドの女性・児童問題の担当相であるレヌーカ・チョウドリー氏は16日、インド人男性は性行動において信頼できず、同国でのHIVの流行をあおっていると厳しく非難した。
 同相は、夫が他の女性との性交渉でウイルスに感染し、それを家庭に持ち込む恐れがあるため、女性は、性交渉では避妊具を用いて自らをHIV/エイズから守らなければならないと語った。
 同相は、男性も数人参加したフォーラムの場で「ここにいる男性には申し訳ないが、男性、または、夫を信用してはならない。男性を慎重だと信じれば、あなた自身が避妊するのを忘れてしまう可能性がある」と呼び掛けた。
 インドでは、約250万人がエイズウイルスに感染しており、うち約4割を女性が占める。また感染者数は、南アフリカとナイジェリアに次ぎ世界で3番目に多い。
 インドの活動家や当局は、多くの女性が、夫が売春婦と性交渉を持った後にエイズに感染していると指摘。男性支配が強く保守的な社会のため、女性たちには夫に安全な性交渉を求める力がほとんどないという。
 同相は「われわれ女性は避妊具の使用を求めることに恥じらいを感じているが、自らを守るために避妊具を使用すべきだ。10億人の人口を持ちながら性交渉について話したがらないとは、われわれは偽善者だ」と訴えた。
 インドは今月、向こう5年間でエイズ対策に28億ドル(約3400億円)を投じる計画に乗り出した。この計画では、避妊具の利用を今年の21億個から2012年までに35億個に増やすことを目標としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000018-reu-int
タグ:インド
posted by indonews at 13:00 | インドの科学、医療

2007年07月15日

インド俳優手術費全額負担 ボリウッドより

電話してすぐに申し出たのがすごいです。本当の善意だと思います。インドの貧しい女児の治療費を全額負担した俳優です。

メディアで貧しくて治療費を払えない人のことを多く報道することが必要なのでは?

ボリウッド俳優A・バッチャン、重病女児の手術費を全額負担
[ムンバイ 13日 ロイター] インドのボリウッド・ムービーで有名な映画俳優アミターブ・バッチャンさん(64)が、重度の心臓病を患うインド人女児に対し、経済的苦難により治療費を支払えない女児の家族に代わって全額を負担する。
 バッチャンさんは、同国東部コルカタ出身の女児が、心臓病の治療のために複雑な手術が必要と報じた民放局Aaj Takのプログラムを見た後、同局に電話で連絡し、25万ルピー(約75万円)の治療費全額の支払いを申し出た。
 バッチャンさんは「すぐに小切手を送るので、住所を教えてください」と放送時に同テレビ局のスタジオにいた女児の家族に向けて語った。 バッチャンさんが治療費負担を申し出た数分後には、ムンバイにある著名病院の広報担当者も同局に連絡して援助を申し出ている。
2007-7-15ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000874-reu-ent
タグ:インド
posted by indonews at 17:08 | インドの科学、医療

2007年07月14日

インドの新薬実験

インドの金が欲しい貧困層。インドの貧乏な人が、実験で金を得られるがリスクは大きいのでは?何かあっても対応とか無いでしょう。
製薬会社の危険なアウトソーシング
05年に行われた法改正以降、インドでは新薬実験の数が急増している。以前は、他国で安全性が認められた薬のみ臨床実験が許可されていた。だが、その条件が法律から取り除かれ、インドの新薬実験市場は2億ドル(約240億円)規模にまで膨らんだという。
文字を読めない貧困層が実験の意味や副作用を知らされぬまま被験者となる一方、新薬実験がインド経済の成長に貢献していることも事実だ。欧米での被験者が不足している西側諸国の製薬会社は、インドで実験を行えばコストを6割ほど抑えられる。そのため、新薬実験をインドにアウトソースする傾向が強まっているのだ。
2010年までにインドの新薬実験市場には約10億ドルが流れこむと予測されている。

アウトルック(インド)より。
2007-7-12
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000005-cou-int
タグ:インド
posted by indonews at 17:49 | インドの科学、医療

2007年07月08日

インドのHIV感染

インドでHIVを実感したのは壁の「HIVなんとか、電話番号」である。おそらくHIVの相談・検査センターはここですよ、というお知らせであろう。
エイズについてインド人と話していないのですが、やはり多いようです。世界中に売春産業があり、インドだけではなく世界中で旅行者が安易に生でやっているようですが、エイズ感染対策は常識です、が、常識をもってない人も多いので・・・

HIV感染者は最大310万人=政府が推定値発表−インド
【ニューデリー6日時事】インドのPTI通信によると、ラマドス保健相は6日の記者会見で、同国のエイズウイルス(HIV)感染者数が今年行った調査の結果、「200万〜310万人」とする推定値を明らかにした。
 国連エイズ合同計画(UNAIDS)は昨年5月、インドについて、2005年末までに推定570万人がHIVに感染したとの報告をまとめ、国別感染者数では南アフリカ共和国を上回り世界最悪と位置付けていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070706-00000220-jij-int
タグ:インド
posted by indonews at 10:58 | インドの科学、医療

2007年07月04日

インドのエイズ対策

インドの街中の壁に「HIVなんとか、電話番号」がよく書いてあったのが印象に残っています。地方都市が多かったです。
インドはエイズがやっぱ多いのか、と実感しました。気になったので薬局でコンドームを探すと普通に販売されていました。


インド政府 「ミスター・コンドーム」を探せ!


 国民にコンドーム使用を促進したいインド政府は、“ミスター・コンドーム”を雇いたいと考えている。..........
≪続きを読む≫
タグ:インド
posted by indonews at 21:23 | インドの科学、医療

2007年06月18日

インドや中国の医薬品検査が追いつかず【アメリカ】

インドの医薬品もやばいのでしょうか?中国産の品物が問題になっていますが、日本にインド産の薬は出回っているのか?無いと思う。
中国産のものは一生購入せんな。アメリカでペットが大量に死んでしまったし、最近ようヘンなもん検出されるし。
やっぱ国産が一番ですな。
でも、インドや中国に行ったらそこの医薬品を使うしかないが。。。
中印から医薬品輸入急増 米、検査追い付かず

17日付の米紙ワシントン・ポストは、中国やインドからの安価な医薬品輸入の急増に米食品医薬品局(FDA)の検査が追い付いていないと報じた。ペットフード騒動を例に挙げながら、「中印への製造拠点移転に伴い、人体へのリスクは急上昇している」との専門家の発言を紹介し警鐘を鳴らしている。

 昨年の中国の対米医薬品・同成分輸出は6億7500万ドルと5年前の2倍以上。インドも急激に輸出を伸ばしている。米国ではジェネリック(後発医薬品)や常備薬の最大2割、錠剤成分の4割以上が両国製とされる。

 同紙によると、FDAは品質確保のため医薬品メーカーを立ち入り検査しており、昨年は米国で1222回行った。だが予算・人員の制約から検査官の海外派遣は限られ、インドで32回、中国では15回だけ。「中印での現地検査はまれで、時間も短く、常に事前通告される」という。

 同紙は米医薬品メーカーが雇った調査員による海外工場の報告として、壁がなく、ほこりや害虫にさらされていたり、薬品による汚染の恐れがあったりするなど、ずさんな管理の実態を紹介。ある工場では、薬の製造槽の真上にスズメバチの巣があったとしている。(ワシントン 時事)FujiSankei Business i. 2007/6/18
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/
200706180022a.nwc
posted by indonews at 20:03 | インドの科学、医療

2007年05月23日

インド138歳の誕生日

インドで138歳のお年寄りの誕生パーティーがありました。
平均寿命が60歳くらいのインドで138歳は、倍以上生きていることになります。日本でも138歳ってかなりすげーと思いますが。
「138歳おめでとう♪」家族6代でお祝い

インド・ジャイプールで20日、家族6代が勢ぞろいした誕生パーティーが行われた。
 大勢の親せきに囲まれ、興奮した表情でケーキを切るのは、138歳の誕生日を迎えたというカーンさん。誕生パーティーには、孫のその孫まで、家族6代が集まった。

 大家族の盛大な祝福を受けてまだまだ長生きしそうなカーンさんだが、ギネスブックが認定している世界最高齢の記録は122歳だという。
2007/5/22日テレ24ニュース
タグ:インド
posted by indonews at 23:06 | インドの科学、医療

2007年04月20日

インドでは男児が望まれる〜女児堕胎問題

インドでは男児が望まれるらしいです。働き手になるからでしょうか?
日本での最近の代理母問題にしろ、人工的に人間が命に手を加えることは、自然の摂理に反することになるのではないでしょうか・・・とだけをいえない、難しい問題です。

女児堕胎は超音波装置のせいか
〜インドでGEなど訴えられる


2007年04月18日U.S. FrontLine

伝統的に男児が望まれるインドで、男女児の人口バランスが急速に崩れている。この原因が超音波画像診断装置の普及にあり、違法使用に対する十分な防止策を施していないとして、複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)など販売会社が訴えられている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、GEはインドにおける超音波装置の販売最大手で、インドのアウトソーシング(外注)大手ウィプロとの合弁事業を通して商品を販売している。

 インドでは水道や電気さえ整備されていない小さな村にも超音波モニターが普及している。通常、1週間分の賃金に相当する8ドルほどで診断を受けられる。

 親が男児を欲しがる傾向が強いインドでは、モニターで女児と判断された胎児の多くが堕胎されていると見られている。特に近年は経済の発展で診断料を払える人も増えた。

 インド政府は1994年、超音波装置を胎児の性別判断に利用することを禁じた。現在では、機材を導入するクリニックには政府への登録を義務付け、違反者には厳しい罰則も設定している。

 しかし、男女比の不均衡は広がっている。0〜6歳の男児1000人当たりの女児数は、91年の945人から2001年には927人に減少した。伝統がより浸透している北西部では同900人、西北部パンジャブ州北部では800人を下回っている。

 南部にあるハイデラバード市は4月、政府に登録せず違法に性別判断テストを実施していたクリニックに、こうした状況を知りながら超音波装置を販売したとして、GE とウィプロの合弁事業および東芝製医療機器を販売するエルビス・エンジニアリングに対して、懲役最高3カ月と罰金1000ルピーの支払いを求める訴訟を起こした。

 両社とも違法行為を否定している。GEは「性別判断に使う装置ではないことを強調しており、女児堕胎の根本的原因ではない」と反論している。

 インドにおける初期の超音波機器普及に関った元ウィプロのビベック・ポール最高経営責任者(CEO)も「自動車が人込みに突っ込んで死者が出ても自動車メーカーが批判されないように、非難されるべきは倫理のない医師で、機材メーカーではない」と語った。
 GEにとってインドは重要な市場で、インドにおけるウィプロとの合弁事業全体の売り上げは、95年の3000万ドルから06年には2億5000万ドルに拡大した。インド国内の超音波機器の販売は06年に前年比約10%増の7700万ドルを記録、登録済みクリニックは3万件を超える。
タグ:インド
posted by indonews at 20:01 | インドの科学、医療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。